感情的に怒らない

3月 26, 2015 by admin
中学受験をする時に注意して欲しいのが感情的に怒らないことです。子供の失敗を感情的に怒ってしまうと子供にはよくありません。確かに必要な場面もありますが、中学受験のような勉強関係になると強制させればさせるほど勉強意欲がなくなり、最終的には言うことを聞かなくなります。それでは中学受験もしっかりと出来ないので注意です。

大人が感情的に怒るというのは、子供にとっては非常に良くない状態です。怖いということもありますが、威圧的、強制的といった感情を抱くことがあり、学習意欲を損なうことがかなりあります。ですから、勉強で何かしらの失敗をした時に怒らないのが中学受験に良いです。怒るよりも、どちらかと言うと何かを褒めるのが良いです。そのほうが意欲を上げることができます。ただし、どうしても良くないことをしてしまった場合はしっかりと怒るようにしましょう。怒れない親が最近では増えていますが、それにより子供が良くない道に行くことがあります。できるだけそのような道に行かないためにも場面によっては強く怒るようにしましょう。中学受験をクリアしても人格的に良くない人になるのは良くないことですので、中学受験に関わらず怒るべきところは怒り、そこまで感情的になってはいけないところは冷静に対処しましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.