先生を直前で変えない

8月 3, 2015 by admin
受験までもう一息となった時には、中学受験の時に先生を変えるのは良くありません。また、新しい参考書についても変えるべきではなく、良かれと思ったことが逆効果になりがちです。中学受験の時には親御様は子供の為になることをするのは当たり前です。これが、子供が中学受験に合格する為の応援になるのですが、逆効果になることも多々あります。

参考書や先生は独特の解法があるものです。一つの問題での答えでも、様々な方法で解決しようとします。子供が今まで行ってきた方法とは異なるものとなる為、子供が戸惑ってしまう大きな要因となります。慣れ親しんだ解法以外のやり方は、子供にとって為にならないことは親御様も理解できるでしょう。一概にダメとは言えないものですが、成績ダウンに繋がってしまうと言えるのは間違いありません。

家庭教師を付けているのであれば、中学受験直前になった時には、希望する家庭教師を付けることができないのがほとんどです。優秀な家庭教師はこの時期はほとんどおらず、新規のオファーに対応できないのが事実です。

親御様はこの点についてしっかり理解をしないといけません。良いと思ったことが逆効果になってしまうことは、中学受験を受ける上でマイナスになります。

Sorry, the comment form is closed at this time.