家族で中学受験

8月 5, 2015 by admin
苦手強化の中学受験を克服するには、家族で一緒に取り組めば、克服ができる、とお互いに意識を持って取り組むことがポイントです。お父さんと一緒なら「それほど難しくない」と思ってもらえれば、勉強も効果的にはかどります。中学受験では苦手教科があると、お子さんの教科のために勉強を諦めてしまう、受験勉強でやりがいを見失ってしまう、という危険性があります。

苦手教科は中学受験では、十分に過去の試験の傾向や勉強方法を効果的に進める、など事前対策を講じればまだ、克服することができます。苦手な分野をまずは特定し、親子で「問題を避けないで」優先して取り組む方法や、受験対策で得点につなげるために意識するべきポイントなど、予めある程度勉強方法を決めておけば、点数も十分に重ねることができるでしょう。

中学受験でまた、「苦手教科」も親子で一緒に勉強する時間を持つと習慣づければ、それほど苦痛ではありません。お父さんから実際に勉強の方法や、問題のポイント、コツ、などを教えてもらえば 、それの対策についてもしっかりと身につけることができます。正しい学習方法や、苦手分野の克服の参考書、ドリルなど親子で勉強に役立つ参考書を探すことも良いでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.