国語の中学受験対策

8月 5, 2015 by admin
国語の中学受験の対策は「文章の読解力に慣れる」ことにあります。良く中学受験に出題される物語や童話、著名な作家な作品など多方面に問題は及びます。お父さんが実際に自分が小中学校時代に勉強した国語の授業の作品を振り返り、娘さんと一緒に勉強してみるのも良いでしょう。国語は、時間をかけて勉強すれば確実に力が身につく教科です。

中学受験で出題される問題で「どのように解答していくのか」ということを一緒になって取り組んでみることが良いでしょう。一人では、分からない問題も多いでしょうが、お互いに一緒になって問題に取り組めば、それほど苦手意識を持たず、学習できる部分も多くなっていきます。中学受験の国語は、漢字や表現方法など、小学校の時よりも確実に難易度が高くなっています。

ドリルや問題集などを一緒に取り組んで、どこが難しいのか、中学受験の要所についてある程度、一緒になって学べる時間を設けることをお勧めします。一緒になって勉強できる時間を身につけられるようになれば、それが着実に実力として身につけられることになります。学習の方法なども、単調にならないように、一緒に作品を読む時間や模擬試験など、勉強法も工夫してみることをお勧めします。少しの工夫で勉強も効率的に進められるでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.