理科の中学受験対策

8月 5, 2015 by admin
理科の中学受験の勉強方法は、新しい知的な発見や知らないことを知れるきっかけにもなります。科学の新しい側面を親子で知ることは、学べることも多いでしょうし、新しい知の旅の発見にもなります。大切なことは「どのような問題があるのか」ということを、ぜひ身近に知ってみることです。中学受験では、知らない問題や、難しい問題もかなり多く理科からも出題されます。その理論や知識全般を増やすことで、理科は苦手教科から得意教科としていくことが可能です。

親子で、理科を取り組むのでしたら、どの部分を集中して学習したいのか、親子で一緒になって考えてみると良いでしょう。親子で取り組めば、ある程度、集中して学習できる部分も多くなっていきます。中学受験では、理科の物理や化学の基礎的な仕組み、生物全般の知識や理論体系について、幅広く出題されることになります。それらの知識は、自発的に学べる時間と、教育番組、関連書物、参考書、なども含めて総合的に勉強してみれば、娘さんも飽きずに勉強を続けられるでしょう。中学受験では、ただ知識だけを問われるのではなく、関連性や理論的な考察力を求められる出題も多くなります。その点を十分に意識して、勉強できる部分を確実に増やしていくことです。

Sorry, the comment form is closed at this time.